2006年10月31日

虚無感。

おとつい、些細な事から急に感情が急降下した。

大して今連絡を取り合ってるでもない、小学校の
同級生からいきなりメールが来た。

「赤ちゃんが出来たんだ。3ヶ月なの。今度遊びに来てね」

彼女も色々苦労した人なのは知ってた。
きっと凄く嬉しかったから、教えてくれたのだろう。
「良かったね。おめでとう」
そう言ってあげよう。
言わなくちゃ。
一緒に喜んであげよう。
喜ばなくちゃ。

遮二無二喜びの言葉をしたためて、電波にして送った後で
自分のこの姿が、この心が、すごく惨めで悲しく思えた。
心の中が下卑ている。
彼女の素直な喜びに、どうして素直に応えられないのだろう?
どうして今この心には卑しく黒い物が渦巻いているんだろう?

…最低だ。

帰宅した旦那を責めた。
自分じゃどうしようもないから。
この黒い渦。

「ねぇどうして私は、普通の結婚生活を望んでいるのに
 それを彼方の実家に邪魔されなくちゃならないの?」
と。
「彼方の実家はどうして私を傷つけるの?」
「どうしてその傷から、私を守ってくれないの?」
「どうして判ってくれないの?」
と。
旦那だって、帰宅して早々に私の汚い感情の全てを
ぶつけられたらたまらなかったのだろう。
売り言葉に買い言葉みたくなって、私に
「はいはい、俺が悪いんでしょ。責任は取りますよ」
と、軽く私の言葉を一蹴した。

それを受けて無言で身支度をして、焦って止めた旦那を
振り払って家を出た。

堪らなかった。


結婚してから、3回目の年末が来る。
年末が近づくたびに、年々私の心は変調を来たす。
旦那の実家に、年末年始と泊まって長い時間を過ごさなくちゃ
ならないからだ。
もちろん旦那の兄弟、お嫁さん達とも。
1度目、2度目の年末に大きなトラウマがある。
払拭できない、「無関心・無神経」なトラウマ。
その増えていくトラウマに毎年悩まされる。

私の旦那は根の優しい、心の純粋な男だ。
でも決して言葉や気遣いの上手な男ではない。

旦那は私の心に深い傷を付ける相手が自分の両親、兄弟
だという事を、最近ようやく理解した。
その前はいくら話しても信じたくないようで、
私がこの話をすると、必ず親兄弟の弁護に回った。
それがトラウマを助長させる原因だった。
そして、このトラウマが私の持病と共に、子供を作りたくても
作れない、作りたくないと思う不安要素になった。
旦那への、旦那の実家への不信感の塊。
そして憎しみの塊。


実家に戻って、訳を話した。
その時は意外と冷静だった。
ちょっと旦那を懲らしめて、明日帰ろうと思ってた。
母さんはお風呂を沸かしてくれた。
お風呂に入り布団に潜ったけど、何だか眠れなかった。


次の日、旦那から電話とメールの嵐だった。
旦那を実家に呼んで、母さんが旦那に話してくれた。
旦那は頭を垂れて聞いてた。

話もひとしきり済んで、
「じゃあ2人でこれからも頑張んなさい」
と実家から連れ戻される形になった。
何だか私の心の中に違和感を感じてた。

帰りがけ外で買い物をし、家に戻ってすぐ横になった。

3時間くらい眠った。
起きると、暗い部屋の中で旦那がうなだれてた。
そして長らくダンマリを決め込んだ後で、私に言った。

「確かに今までりー。に甘えてた部分があったと思う。
 りー。はそう言うけど自分の大事な親だから、
 大事にしたい気持ちがあった。
 俺なりに頑張ってきたんだけどね。
 判ってくれなくても仕方ないよね」

何も言えなくなった。

もうどう言ったらいいのか。

あぁそうか。私が悪かったの。
そうだよね。
彼方の大事なお父さんとお母さんだ。
私をどんなに傷つけても、彼方の大事な両親だ。
それでも彼方は私の為に頑張ってくれたんだね。
その間に挟まれて。
判ってあげられなくてごめんね。ごめんね。
あぁ私が悪い。
彼方は彼方なりに苦しかったんだ。

そう思う一方で、激しく怒りがこみ上げてきた。
あたしのこの傷ついて苦しい気持ちは嘘じゃない。
真実だ。
本当は彼方の実家とも兄弟とも、ちゃんと
本当の家族になりたかったんだ。
でもできなかったんだ。
できないんだよ。
憎いから。許せないから。
この気持ちは何処へ行けばいいの?
私はどうなればいいの?
私を壊してでも、大事にしたい物って何?


気付いたら旦那をメタクソにぶってた。
ホッペを頭を肩を何回もぶった。
大泣きしながらぶってる自分を心で責めた。
自分を責める程旦那を強くぶった。
旦那をかわいそうだと思いながら、止められなかった。

旦那は黙ってぶたれながら、悲しさいっぱいの目で
私を見てた。


茶の間で眠る私の隣で、タオルケットを被って寝てた。


今朝になって、やっぱり声が出しづらい。
凄く小さな声しか出ない。
喉とお腹に重りを感じる。
もう言葉を言いたくない。
感じるのは重さと脱力。虚無。
何も考えたくない。何もしたくない。
ただ、こうして思いを活字で連ねるだけ。
みんなには、言いたかった。
何だかよくわからないこの状態を。


仕事を休んだ。 
誰にも会いたくない。

いつまで続くんだろう?
頑張りたいけど、何にも出てこない。
頑張らなくちゃいけないのに。
どうして私の心と身体は肝心な時に、ガス欠になるんだろう?

私が一体どうなれば、皆幸せになれるんだろう?
出来ない私が悪いの?
それともそうさせた彼らが悪いの?
責める相手が多い以上、自分を責めるしか方法を知らない。

それでも私は私でいていいと、誰が許してくれるだろう?



suilove9214 at 11:29コメント(0)トラックバック(0) |  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字