2008年05月

2008年05月14日

あたしが母になった日の事。―そのぁ

 
遂にベッドが分娩台になった。

母さんが

「もうすぐだよ。
 あともう少しで会えるからね」

と励ましてくれた。

…ただ、分娩台としては全然適度な物にならなかった。
足のレストの角度は合わないし、グリップがいい位置になく、
ベッドの手すりをグリップ代わりにするしかなかった。

…意外と使えないんだなぁ…LDR。


分娩台に変身したベッドに分娩スタイルを取らされる。
自然と息みやすい姿勢なだけにものすごくツライのに、
助産師は

「まだ息んじゃダメよ、大きく吸って、吐いて…」

まだ逃がせと言う。


息みたい本能の衝動と、頭が降りてくる圧迫感が
痛みと一緒に津波のように来るのに飲まれそうになる。

腰から下に赤ちゃんを押し出そうとする力と、
それと一緒に赤ちゃんが強く下りようとする力。

これを耐えるのはただただ拷問だ。

一瞬正気を失いかけて何をか口走った記憶。

すぐにみんなが揃って呼吸へと導いてくれて、
何とかパニックから救ってくれる。

…ツラい。
お腹に力を入れたくて入れたくて仕方ない。

身をよじるくらいしかもう許されない状況。
待たされているこの時間がとにかく長く感じた。
口に、

「早く〜…」

と出さずにいられなかった。

息まずにいる我慢に限界を感じた頃、
戻った助産師に

「もう無理です」

と伝えた。
するとやっと助産師が

「じゃあ、次の陣痛が来たら息んでね。
 硬い便を出すような感じで、グリップをしっかり握って
 足を踏ん張って、おへその方を見るようにしっかり
 息んで」

と指示された。

もう我慢しなくていい。
後は出すだけだ。
もう少し。
もう少しで終る。

「赤ちゃんに酸素をあげようね。
 はい、すー、はー…」

と呼吸を整えるように指示される。

息みを許されると今度は陣痛が待ち遠しい。
きっと陣痛の間隔は1分もなかったんだろうけれど、
ものすごく長い時間のように思えた。

その間に呼吸を整える。

…来た。
助産師に告げた。

「吐いて、吸って、長く息んでー…」

合図に乗って息んだ。
ホントにホントに待ちに待った瞬間。
もう痛みもツラさも感じない。

…のはいいのだが。

一体どの程度の力で息めばいいのか。
一瞬力いっぱい息む事を恐れて、躊躇した。

1回目。余力を残しながら、探り探り息む。

どの方向にどのように息めばいいか、すぐに身体で判った。
…が、こんな力じゃ全然押し出せる気がしなかった。

完璧ナメてた。
これは本気でかからないといけない。
ふざけた事をしたら、ホントに長期戦になる。


次の陣痛を待つ。
赤ちゃんの心音が機械を通して響くのを聞きながら。

「コツは掴めてるから、それを繰り返していくよ。
 赤ちゃんも元気に頑張ってるからね」

助産師が励ましてくれる。

「頑張れ…」

願うように口にした。



2回目は全力で息んだ。

もう血管でも何でも切れたらいいし、
何ならいっそ痔でも腸でも出ればいいさ。

そんな勢いでとにかく全力で腹圧をかけた。
呼吸を止めていられる限界の少し前で、助産師が
息みを止めるよう指示する。

体内では明らかにもう腹よりも下、腰の中で
力をかけられている赤ちゃんが動き出すのが鈍く判る。
腰が砕けるような感覚。

もう汗だく。
母さんが濡らしたタオルで汗を一生懸命拭いてくれる。

息が苦しい。
ツライ。
酸素が欲しくて口を大きく開けて呼吸するが、
すぐに呼吸は直される。

「鼻で吸って、口で『ふー』だよ」

と。


助産師と母さん、旦那の誘導に冷静さを取り戻し、
呼吸を整えて次の陣痛を待つ。

3回目。

吐いて吸って思いっきり息む。
目眩がするほど息む。
キツイ痛みが伴うけれど、衝動が後押ししてくれる。

「赤ちゃん大分下のほうまで下がってきたよ」

と教えてくれて、息みを止めて呼吸するよう言った。
でもまだ陣痛は残っている。

「もう1回息めそうです」

「それじゃ、もう1回行こう」

再び息む。
腰の中がもういっぱいいっぱいの圧迫感。


陣痛と陣痛の間、息み待ちのわずかな時間は、
あたしの呼吸の音と赤ちゃんの心音だけで、
みんなじっと様子を見守る。

じっと呼吸をしていると、赤ちゃんの心音が徐々に
元気に大きく響いてきた。

「ほら、こんなに赤ちゃん元気だよ。
 ちゃんと酸素行ってるからね」

そうだ、あたしも頑張ってるけれどあたし一人だけじゃない。
この子も頑張ってるんだ。
拙く呼吸してるのに、この子はちゃんとその酸素を受け取って
力強く出てこようとしている。

負けるな、あたし。
頑張れ息子よ。

次こそは必ず出す。


次の陣痛。
全力の途中で恥骨が軋んだ。
これは激痛。
息んで止めている呼吸の間から、声が漏れる。

それと同時に助産師が開いているのか、
この人が押し通る為なのか、肉が引き攣れる
鮮やかな痛みがあった。

「ぐっ…痛ぁ…!!」

言葉に出た。

「はい、力を抜いて楽にして」

排臨だとすぐに判った。
息みたい衝動が一気に少なくなった。
何かものすごい大きい物が挟まってる感がある。
お腹の痛みが引けた替わりに、明らかに傷らしい
痛みがその部分にある。

さっきから他の助産師が内線電話で連絡を取っている。
多分Dr待ちなんだろうけれど、
電話に出なかったらしくて軽く焦ってる雰囲気。

どうやらそんな事をやっている間に、赤ちゃんの頭が
中に戻ってしまったらしい。
このまま留めておけない、もう産まれてしまう状況だと
助産師が判断したらしく

「うーん、いいかな。
 うん、じゃあちょっともう1回息みましょう」

と指示。

陣痛はないけれど、息めるだけ思いっきり息んだ。

するとそんなに力がかからないうちに、
スルリと身体が軽くなる感じが。

「あぁ、産まれた産まれた!!」
「はい産まれました〜!!!」

一気に沸いた。
母さんの涙声の歓声に、助産師の声。

それと同時に自分の足の間から
助産師に取り上げられた真っ赤に染まった
赤ちゃんが見えた。

へその緒をぶら下げて、しわくちゃな顔をしている子。

すぐさま助産師がチューブで鼻と口から吸引している
音が聞こえ、やっと産声を上げた。

鮮やかな活き活きとした、必死な泣き声。
確かにわが子が降り立った証。

それを確認できた瞬間にあたしの緊張感も解けて
一気にこみ上げる気持ちが押し寄せた。
やっと終った安心感、そして大きな喜び。

いい大人なのに大泣き。

やっと会えた。
そうか、しわくちゃの君がそうだったのか。
エコーで初めて会った時、陽気に踊ってたね。
元気よすぎるくらい、痛いほどお腹を蹴ってたね。

そうか、君だったのか。
良く頑張った、ね。
良く来たね。


身体を拭かれたその子を助産師が私の胸に乗せた。
まだふやけていて、ホカホカ。

ずしりと重い。
産まれたての肌の弾力。
手足を動かす力強さ。

確かな命の密度を感じた。

はるか遠くから命を受けてやってきてから10ヶ月。
私の体内でしっかりと命を育んで、やっと出会えた奇蹟。


全てに感謝の想いだった。
この子にも。
この子を一緒に授かった旦那にも。
私を産んでくれた母にも。


幸せだ。
こんな感動2度とない。

命を産めた喜びは、どんな感動よりも大きかった。



―そのイ悄

suilove9214 at 18:39コメント(0)トラックバック(0) |  

2008年05月09日

あたしが母になった日。―その―

すぐ近くだけど陣痛の合間を縫って荷物をまとめて
移動するのがツラかった。

遂に初LDR。
やっぱり予備室と違い、部屋が広くてピンクの色調と
間接照明が落ち着く雰囲気だ。

でも難を言うと助産師が言った通りベッドが硬くて高く、
休める感じではなかった。

すぐに内診で進み具合をチェック。
子宮口4センチ開。
徐々に進むペースが早くなってきている。

「この分だと、産まれるのは早くて明け方かな。
 ホントはダメだけれど、メールでだったら連絡を取っても
 いいよ」

と助産師が言ってくれたので、すぐさま旦那へメール。
「用意が出来次第来て」と頼んだ。
そのくらいだんだん陣痛が半端なくなってきていた。

この頃の痛みの感じはもう鈍痛とかいう感じではなく、
下痢のような、腰とお尻に来る、息が詰まるような
シブい痛み。

だけど腹式呼吸でお腹を膨らますようにすると
まだ何とかやり過ごせる痛みだった。

でも何とか楽に耐えられる方法を見つけたい。

本で仕入れた情報でテニスボールをお尻に当てるのを
試してみたけれど、これは腸に来る痛みが出るし
四つん這いのポーズも腰の痛みを倍増させるだけだった。
そもそも、もう痛みのせいで思うように腰も伸ばせなく、
前傾姿勢が常になっている。

アクティブチェアーを試してみたが、
これも何だか落ち着かず。

結局一番いい体勢は横向き寝。
一番楽で一番体力を温存させやすかった。

立っているのも割と楽だったけれど、今のうちに
体力を残しておきたいのにこれは消耗が大きすぎた。

陣痛の間隔はやっぱり5分間隔。
もう大分疲れが来ているのか、陣痛と陣痛の合間には
強烈な眠気が襲ってくる。

とにかくそんな風な中でも部屋中ウロウロ、
ベッドでウロウロ、せわしなく動き回っていた。


1:00頃、旦那と母さん到着。
もう悠長な事を言えないほど激痛に変わっていた。

着くやいなや、旦那に腰をげんこつでさすってもらい、
母さんが呼吸を誘導しながら手を握ってくれた。

腰は強いマッサージほど、陣痛の痛みが楽になった。

助産師が様子を見に来てNSTの記録用紙をチェックし

「そろそろ元気なうちに点滴させてもらおうかな」

と血管を確保。
もうその頃には「好きにして」状態だった。

痛みはどんどん増す。
とにかく陣痛の波が来たら大きく呼吸を繰り返して
ひたすら耐え、引けたら多少の会話は可能でもぐったり…。

結局もう横になっていても痛みに耐える事ができなくて、
アクティブチェアーに突っ伏す姿勢を取っていた。

だけどNSTの機械がお腹と太ももの間に挟まり、
上手く赤ちゃんの心音を拾えず、母体の心音を拾う。
さらに腰を強くさすってもらう音が赤ちゃんの心音を
拾うのを妨げた。

助産師がその様子を見て、

「これじゃ正確に赤ちゃんの状態が判らないね。
 ちゃんとした状態が欲しいから、子宮口から直接
 赤ちゃんの頭に心音を拾う装置を付けてもいいかな?
 ちょっと赤ちゃんの頭には傷が付いちゃうんだけれど…」

「はい」とは言えなかった。
なるべくなら余計な傷を赤ちゃんに付けて欲しくない。
腰をさする強さを制限して、何とかNSTで乗り切る事にした。


時間感覚も既に判らなかった。

あんまりにも痛みが強くてどうしようもなくなった頃、
急に呼吸をするのが苦しくなる感じを覚えて、
いきなり気持ち悪くもないのに勢い良く床に吐いた。

「!!!」

皆ドン引きww
だけど出したあたしはすごくそれから呼吸が楽になった。
どうやらお腹の赤ちゃんが蹴ってたらしい。

床ぐっちゃぐちゃ…orz
助産師に片付けてもらうのに、

「…すいません…」

と力なく言う事しかできず。


もうこの頃には、陣痛の間のわずかな時には
喋る事もできないで、途中に何度か意識も飛び飛び。
次の陣痛の痛みで気付いて、慌てて呼吸に集中するなんていう
状態になっていた。

そしてわずか数回の陣痛の間に、自然と息みたい衝動に
駆られる変化がハッキリ自覚できた。

丁度タイミングよく様子を見に来た助産師に、

「息みたくなって来ました」

と伝えると、内診をして子宮口のチェックをするからと
旦那と母さんに部屋を出るように言った。

ベッドで仰向けになり、フットレストに足を乗せる体勢は
強い陣痛を呼んだ。

内診をした瞬間。

「!!!」

産まれてこの方感じた事のない、予想もつかなかった
ものすごい息みたい衝動に襲われた。
苦しい。

「あー無理っ!! もう息みたいっ!!!」

漏らさずには居られなかった。

「ハイ、力を入れないで、大きく呼吸して!!」

助産師が大きい声でパニくりそうなあたしに呼びかける。

とにかく下腹に勝手に力を入れたい本能が苦しくツラい。
それを理性で何とか呼吸のペースを保つ。
とにかくジッとしていられないし、足を力を入れて閉じたい。
初めて「拷問だ」と感じた、ものすごいパワーの本能。

「うん、子宮口全開大だ」

助産師が意気揚々と言った。

長かった。
だけど思ってたよりもずっと早かった。
ずっと待ってた、この時。
いよいよ大仕事に入れる喜びと安心を感じた。
もうすぐだ。


助産師が集まってきて、処置の機械や器具を運び入れ
分娩の支度を始めた。

ホッと安心したあたしは、アクティブチェアーに座りながら
次々に押し寄せる陣痛と息みを、座面にお尻を強く押し付けて
足を踏ん張りながら、ひたすらGOサインを待つ。

…けれど。

支度は済んでいるはずなのに待てど暮らせど
「GO」とは言ってくれない。

…まだかよ…。
早く…。

もう既に痛みよりも、息みたい衝動に耐える方が辛かった。

だけどさすがアクティブチェア。
呼吸と姿勢で、大分地獄のような痛みと衝動を逃がしてくれている。

とにかく大きく息を吸い、「ふー…」と長く吐く。
母さんも助産師もそれを誘導すべく、大きな声で呼びかけ、
それに助けられる。

たまにホント、パニくりそうになったり、
飛んでしまいそうになる意識。


「よし、じゃあベッドに上がりましょう」

やっと言ってくれた…その一言…。
待ってました…。


―そのい悄









suilove9214 at 22:50コメント(0)トラックバック(0) |  

あたしが母になった日の事。―その◆

家を出て30分、無事に病院に到着。

「頑張って元気な子を産んでね」

と荷物を降ろしながら、タクシーの運ちゃんから
熱い激励を貰う。

ガラガラガラガラ…。
夕方の空いたロビーにあたしの引くトランクの音が
響き渡る。
やっぱりその間にも、体内から大量に出て行くものが。

なるべく胸を張って歩く意識が働く。

緊張、期待、不安、動揺…なのかな。
恐怖はあまり感じなかった。
それらを抑える理性。

何故か軽く震え。
色んな感情を含んだ心が身体を震わせたのかも知れない。


エレベーターで4階の病棟へ。
ナースステーションで名前を言い、母子手帳を預けると
看護師が先に立って分娩室へと案内された。

病棟の方は赤ちゃんの鳴き声やナースコール音で騒々しい。
そんな廊下を奥へ奥へと行くと、分娩室がある。
妙に薄暗く、静か。
だけど中は確実に静けさの中にも、誰かが闘ってる空気があった。

すぐに助産師が出てきて、尿検査と問診を受けた。
その後、内診を受ける為に分娩台へ上がるように指示される。

…おおお、分娩台はこういう風になっているのか…。

初めて上がる分娩台にちょっとビビる。
自然に力が入るその作りに、内診台にはない迫力があった。

そのせいか、半端じゃない量の羊水がダーッと流れ出した。
…こんなに出ちゃって大丈夫なんだろうか…。
もう既に「何リットル出たんだろう?」という感覚。

助産師が、

「うん、破水だね。中の上の方から破膜している状態。
 で、子宮口は1センチ開。まだまだ赤ちゃんは降りてきてないね」

と教えてくれた。

内診が済んで入院着に着替えると、LDR室の近くにある
「予備室」に通された。
2床あって、そのうちの1床には既に先客が。

ベッドに荷物を降ろすやいなや、あれよあれよと
お腹にNSTの装置を付けられ、破水してるから感染防止の為に
抗生物質を服用するように錠剤を渡された。

「多分ね、今日中には産まれなさそうだから、
 お産が進む状態になるまでここで様子を見ていくから。
 明日点滴で陣痛を付けていく形になると思うよ」

…マジかよ…。
じゃあこのお腹の軽い鈍痛は一体何なんだ??
聞いてみた。

「お腹が張ってるのと一緒に軽く重だるい痛みが
 あるんですが、これは陣痛ではないんですか?」

すると助産師は笑いながら、

「まだまだ!! そんなもんじゃないから!!
 ホントに陣痛が付いてきて始まったらそんな余裕ないからね」

そう言い残し、足早に出て行ってしまった。


…えーと。
あたしは一体今どんな状態になっているんでしょう??
このお腹の鈍痛は陣痛じゃないって事??
破水しているけど、お産が始まってる訳じゃないって事??

様々な謎をぶつける相手を失い、ポチーンとベッドに
置かれちゃってるあたし。

それからしばらくしてずっと診て貰ってた担当医が

「やぁ、思ってたより早くて良かったねぇ」

なんて笑いながら登場。

「これからここで様子見てもらってね、明日の朝9時から
 陣痛促進剤の点滴投与を始めるから。
 それで陣痛付けて、自然分娩っていう形に持っていけると思うけどね。
 いざって時は帝王切開で出す事もあるかも知れないからね。
 ま、大丈夫だと思うけれどね、それは状態と相談して、ね。
 んーとだから、どっちにしても産まれるのは多分明日の夜くらいかな。
 それじゃ、頑張ってね」

説明の内容に頭がボーゼンとしてしまったせいで、
また質問の機会を逃したあたしは愚か者。

だって想定範囲外の状況が多すぎなんだもの。

そもそも破水から始まった事で、巷の話からサクサクと
お産が進むだろうと勝手に思ってた。
これからすぐに劇的に陣痛が来て産まれるだろうと。

ホントに陣痛促進剤を使わないと陣痛は来ないの??
明日の夜って、今のあたしはそんな長い間お産が進まない状況なの??
そしてLDRで分娩の筈だけれど、一体いつまでこの
「予備室」なんていう、サブ的なトコにいなきゃならないの??

何にも見えてこないハテナだらけの状況。
始まってるのかどうかすら判らない。
でも助産師も医者も長期戦だと言っている。

…うんざりだなぁ…。
意気消沈。

さて17:00にこの予備室に来た。
一応陣痛じゃないらしい痛みと張りの記録をし始めた。

17:35。
今までよりも強めの痛み&張りに変化する。
5分間隔。
…でもこれは違うんだもんね…orz

18:00過ぎに母さんが興奮しながら到着。
大量にお茶やおにぎり、パンとかを差し入れてくれた。
状況を教えると、ずっといる訳にいかないけれど、
帰るにもこの天候に自宅と病院の行き来が危険だし、
どう判断しようね…と悩んだ。

そんな会話をしながらも時間が進むにつれ、
5分おきに来る波にちょっと黙る痛みへと変化していく。

今のうちに…ときちんと食事を摂る事にした。


19:30、今度は旦那が到着。
ちょうど来た時にトイレに立ったけれど、歩くのが辛かった。
波が来る毎に立ち止まって何かにつかまりながらやり過ごす。
…でもこれは陣痛じゃないんだもんね…orz
相変わらず動くたびに羊水が。

旦那は制服からジャージに着替えた。
明らかに旦那からは意気込みを感じる。
一方服装が厚着だった母さんは、この暑い病室でお産立会いは
キビシイと一旦帰る判断をした。

旦那と会話をしながら、痛みの記録は欠かさなかった。
5〜10分間隔の痛みはさらに増して、
波が来ている時には身体が緊張して、深呼吸で耐えるほどになっていた。
…でも、これ、違うんでしょ…orz


20:30過ぎに助産師がNSTの記録チェックと
内診をしに来た。

やっぱり進んでなく、1センチ開。
ここで助産師から、

「まだまだ進みそうにないね。
 長時間になるし、お隣に患者さんもいるから、
 旦那さんには1度帰宅してもらって、お産が進みそうに
 なったら連絡を入れるようにするから」

と旦那に消灯前に帰宅するよう促した。

止む無く旦那、21:00に帰宅。
病室内の蛍光灯も消え、明かりは枕もとのライトだけ。

まさか独りにされるなんて…orz
立会い出産だから、入院から出産まで家族が帰されるなんて
ないと思ってたのに…。

思いっきり不安になってしまった。

そんなあたしの横でNSTの機械はロール用紙に
じゃんじゃんとお腹の状態をグラフにして記録している。

痛みの波とグラフを見比べてみる。
やっぱりグラフの数値も少しずつ大きい数字を
記していた。


22:20頃、内診。
痛みもかなり押し寄せていた。
子宮口3センチ開。
進みがやっぱり遅いみたい。

身体が痛みのせいでかなり緊張し、常に力んでいる。
その様子を見て、助産師に

「身体に力が入ってると進みづらくなるからね」

と言われた。

とにかく痛みが来たら大きく呼吸してリラックスする
事に集中するよう心がけた。

そしてさらに助産師はNSTの記録紙を見て、

「陣痛が強まってきてるようだから、もう少し進んだら
 LDRへ移りましょう。
 でもね、こっちのベッドの方が休むには快適だから
 今のうちに身体も休めておくようにね」

と言った。

…!!
今『陣痛』って言った!?
この痛みの事、『陣痛』って??
やっぱりそうでしょう!?
さっき一笑にふしたクセに、
あっさりと『陣痛』だと認めるじゃないか…orz

不安が確信に変った。
お産が少しでも進んでいる事に希望が見えてきた事が
すごく嬉しかった。
俄然耐える気が湧いてきたぞ。

旦那にメールでその事を報告。
了解の返事を貰う。


5分おきくらいの間隔の『陣痛』とひたすら無言の闘い。
だけどこれは『陣痛』だ。
進んでる証だ。
前向きに捉え、ひたすら大きな呼吸で耐える。
痛みがある時はどうしても力んでしまうけれど、
痛みが引けた時はなるべく深呼吸をしてリラックスに集中。

23:20。

深呼吸とリラックスが功を奏したのか、
この頃には既にお隣の休息に邪魔にならないように
静かにしている事は出来なかった。
どうしても波のピークには、小さくも呻かずにはいられない
痛みになっていた。

様子を見に来た助産師に

「そろそろ静かにしてるのがツラくなってきました」

と告げた。

するとすぐ、

「あ、じゃあ今のうちにLDRに移っちゃいましょうか」

とあっさりLDRへ案内してくれる事となった。


―そのへ―





suilove9214 at 14:24コメント(0)トラックバック(0) |