2008年03月

2008年03月25日

うそばかり。


本当はきっとうそばかり。

あたしの耳に入ってくる
あたしの目に映り込む

その幾ばくかじゃなくほとんどが


うそばかり。
うそばかり。


もう子供じゃないから
それをウソかホントか確かめるなんて
ヤボな事はしないけれど

だけど確かめ隊。
あたしは元々そういう人種。

だけど確かめてみたら
失望する事の方が多いのを
経験で知ってるから
確かめる事をしないだけ、この頃は。


うそばかり。
うそばかり。


どうしてうそばかり吐くのだろう。

本当はそんなウソで喜ばない事くらい
知ってるでしょう。

本当はそんなウソはすぐ判るって事くらい
知ってるでしょう。


なのに。

うそばかり。
うそばかり。


だからあたしもウソをつく。
徹底的にヘタクソなウソを突き通す。

バレてるのは百も承知。
でも貫き通す。
それがルールなんでしょう?


ウソが大人のご挨拶なのを
最近大人の事がわかってきたあたしは
判ってきたから。


でもさ。
ホントは。
メンドクサイ。


ウソを吐くのがメンドクサイ。
ウソを吐かれるのがメンドクサイ。

その時間も、活字も、空間も、存在でさえ。

本当に驚きなのは
よくそんな素敵な言葉で飾り立てて
ウソを吐けるという事。

言葉が素敵でオシャレ過ぎるから
余計に悲しく浮き立つ無機質なウソ。


真っ白なレースに付いたカレーのような小汚さw


何となく感じているのは
言葉を上手に操る事ほど
胡散臭い事はないという事。

上手に操るその様を
多くの人の目に晒す事ほど
愚かな事はないという事。

きっと魅力的な心ほど
きっと言葉を持たない。

きっと実直な素直さほど
きっと強さを持たない。


多くの言葉は、必ず誰かを傷つけるから。
ウソもホントもどっちでも。


判らなくていい。
気付かれなくていい。

そっとそこにあればいい。
確かに持っていればいい。

それが本当の心の言葉。


ウソを吐かない強さが欲しい。
ホントも言わない賢さが欲しい。

誰も傷つけない言葉が欲しい。







suilove9214 at 21:59コメント(0)トラックバック(0) |