2007年09月

2007年09月27日

どうしてさ。

何でなのさ。
すんごく側にいるんだよ。
でも会わないもの。
タイミングがいつも合わないの。


気付かないんだね。
今側を通ったわけだけど。
車、目立ちすぎ。
目障りなのよ、嬉しくて。


どうしてカチ会わないか、判ってる。


っていうかさ、知ってるんだよ、あたし。
キミが何してるか。
誰に恋してるのか。
知らないとでも思ってんの?


万が一だけど、今さ、
バッタリ会ってもどうせよそよそしくするんでしょ。
何となく判ってる。
でもそのよそよそしさ、壊すから、絶対。


だから吐けばいいよ、キミの今の恋の事でも。
笑って言ってあげるから。
「ばかだね」って。
ホントは泣きたいなんて、絶対教えないけど。


でもさ、泣きそうな心に気付く事が出来たら、
出来たんだとしたら。


ホステスの娘を愛したキミはどうするんだろうね。


お腹が大きいあたしはどうするか判んないよ。


笑って「じゃ」なんつって、
振り返りもせずに離れていくのだろうか。
それともこの現実に、
後悔して泣いたりするのだろうか。


気付いて欲しい。
でも気付かれたらムカつく。
ムカつくから気付くな。
でも気付かれなくてもムカつく。


どっちにしても、アンタにイライラするわ。
バカやってるアンタが気になる自分にムカつく。


いつになったら忘れられるかな?
いっそ思いっきりバカやって呆れさせてよ。
そしたらキライになってみるからさ。
「バカはキライ」なんて文句でもつけて。


もうハサミで切っちゃおうか?
自然じゃ切れないもの。
いつまでもいつまでも。
だってアンタもあたしも想ってるから。


それだけで繋がってる2人だから、あたし達。


それでも繋がっていたい?
あたしは。
あたしは。











suilove9214 at 23:15コメント(0)トラックバック(0) |